FC2ブログ

ホーム色によるコーディネート方法 ≫ 困った時のお助け色。白を使えばどんなコーディネートも大丈夫!

困った時のお助け色。白を使えばどんなコーディネートも大丈夫!


先日から、服の色が周りの人とあなたの精神状態に与える力についてお話ししてきました。



これまでは黄色についてお話ししましたが、今回は「とりあえず困ったらコレ!」というくらい便利な“白”についてお話ししていこうと思います^^



元々、白とはどんな色だったのか?

白は、おそらくあなたもイメージにあると思いますが、「純粋さ」や「何色にも染まらない未開発性」の象徴です。



昔、安土桃山時代では、財力や権力のある家に生まれた赤ちゃんは、周りが白いものに囲まれていました。



また、日本では赤ちゃんの誕生に白い布でくるむという習慣があります。



これは、赤ちゃんがこれから新しく人生のスタートを切る、という意味も込められています。



そして、中国では白は葬式の色ですが、これは現世からあの世への旅立ち、という意味です。



このように白には、「新しい旅立ち」という意味も込められているんですね。



とてもフレッシュで、まだ何にも染まっていない純粋なイメージは、こういったところにも使われているんですね^^



↓ランキングに参加してみました。こちらにも面白い記事がたくさんありますよ^^
にほんブログ村 ファッションブログ プチプラファッションへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ



白は、全てのスペクトルが集まった偏りのない色です。



そして、太陽光線に最も近い色とも言われています。



太陽のエネルギーについては、もはやここで語る必要もありませんよね。



白は一見すると印象が薄いイメージがありますが、実はとても強いエネルギーを持った色なんです。



そんな白ですが、ファッションに取り入れると、どんなイメージを与えるのでしょうか?



先ほども申し上げた「純粋」というイメージの他に、清純・素直・神聖、または「無」というイメージがあります。



結婚式に着るウエディングドレスが白なのは、「嫁いだ家に染まる」という意味もあり、こだわりのない素直な色なんです。



この白を着た場合には、完璧主義で、完璧を求める純粋な精神を持っているという印象になります。



また、そのエネルギーの強さから、自分の所属する世界では誰にも負けたくないという、負けず嫌いなイメージも与えることができます。



しかしそこに「他人を蹴落としてやろう」というような狡猾さは感じられず、ただ単純に自分の成長のみを願っているという純粋さだけが際立つので、相手に悪い印象は決して与えることがありません。



コーディネートで困った時も、白が似合わないという人はおそらくいないですし、その偏りのない特性からどんな色の服にも合わせることができます。



時間が無くてすぐに支度をしなければならない時は、とりあえず白い服を着ておけば、よっぽど変になることはありません。(さすがに上下白とかだと、結婚式みたいになってしまいますが・・・笑)



例えば、適当に洗濯物の中から引っ張り出したTシャツを着ても、その上に白いシャツを着れば、コーデとして外すことはありませんし、上に何色の服を着ていても白のパンツを履いても同様です。



困った時のお助け色として、一つ持っておきたいですね^^


↓ファッションで使われている色の効果について、下にまとめました。

プレゼンが成功する色とは?(赤)

ナンバー2にふさわしい色(黄色)

偉い人と会う時はコレ!(緑)

世界中から愛されている色(青)

高貴だけど扱うのは難しい色とは?(紫)

使いこなせたら一人前?な色(黒)

これを着こなせる男はかっこいい!(ピンク)

どんな場面でも使える万能カラー(茶色)

人見知りが直る色(オレンジ)

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

↓ランキングに参加してみました。5秒で済むので、クリックして応援をお願いします。 にほんブログ村 ファッションブログ プチプラファッションへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
Copyright © 安くてオシャレなメンズコーデ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル