FC2ブログ

ホーム色によるコーディネート方法 ≫ カジュアルでも外せないファッションコーディネートの色とは?

カジュアルでも外せないファッションコーディネートの色とは?


昨日は中間色である“ピンク”が与える効果についてお話ししました。


↓ファッションで使われている色の効果について、下にまとめました。

プレゼンが成功する色とは?(赤)

ナンバー2にふさわしい色(黄色)

偉い人と会う時はコレ!(緑)

世界中から愛されている色(青)

高貴だけど扱うのは難しい色とは?(紫)

困った時のお助けカラー!(白)

使いこなせたら一人前?な色(黒)

これを着こなせる男はかっこいい!(ピンク)

人見知りが直る色(オレンジ)



今回はビジネスでもカジュアルでも欠かすことのできない、“茶色”についてお話します。



茶色はビジネスの場ではいくぶんカジュアルであるという認識のようですが、だからこそ堅苦しすぎず、カッチリしたコーディネートでもカジュアルなコーディネートでも大活躍してくれます^^



なので、一着持っていると便利な色ですね。



そんな茶色は、どんなイメージを与えることができるのでしょうか?



これから詳しくお話ししていきますね^^



↓ランキングに参加してみました。こちらにも面白い記事がたくさんありますよ^^
にほんブログ村 ファッションブログ プチプラファッションへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ




茶色とはそもそもその名の通り、お茶の葉で染めた色です、



昔は染料や顔料は高価なもので、庶民にはとても手の出せるものではありませんでした。



また、江戸時代にはぜいたくなものを禁止する法令が出されたこともあるので、庶民は茶色に様々なバリエーションを持たせて発展させてきました。



当時人気のあった役者の使っていた茶色が庶民の間で人気になったりと、茶色は“庶民の色”として親しまれてきたのです。



なので茶色には、「ぜいたくをせず、素朴」「親近感・安心感がある」というイメージがあります。



自分を周りに溶け込ませ、決して目立つことなく木のぬくもりや大地を思わせる安心感を周りに与える。



日本人の国民性が表れている色と言っても良いかもしれませんね^^




なので、茶色の服を着ていると、信頼感のある、落ち着いた雰囲気の人に見られます。



なにか任されたいことがある時、または周囲と調和をはかりたい時はうってつけの色と言えますね^^



茶色も白と同じで、どんな色にも合わせることができる色です。



よっぽど変な組み合わせをしない限り、茶色を使ったコーディネートで外すことはありません。



相手に悪いイメージを与えることは考えにくい色ですので、コーデで迷った時には茶色い服を選ぶと間違いがありませんよ^^



以前もアップしたのですが、茶色の服を使ったコーデの一例です。



茶色は明度が高くないのですが、それほど暗い印象は与えませんよね^^


IMG_20150907_095610.jpg

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

↓ランキングに参加してみました。5秒で済むので、クリックして応援をお願いします。 にほんブログ村 ファッションブログ プチプラファッションへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
Copyright © 安くてオシャレなメンズコーデ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル